村上茉愛(体操)のニックネームが番長な理由

tags-956412_640.jpg


村上茉愛のニックネームはかつて「番長」だった・・・。


2017年10月に、カナダ・モントリオールで開かれた

体操世界選手権。


個人総合では4位と検討し、

種目別の床では見事優勝を果たした村上茉愛選手。


ちなみに、体操世界選手権で日本人女性が金メダルを獲得したのは、

1954年ローマ大会の田中敬子さん(平均台)以来、

実に63年ぶりの快挙なんだそうです。


これまで体操といえば「男子」の方が圧倒的に強く、

女子が活躍したというニュースはほぼ記憶にありませんからね・・・。


これは本当に快挙です!


マスコミはもっと大々的に取り上げるべきだと

個人的には思いますけどね(^^)

スポンサーリンク




村上茉愛は元子役で、元タレント!?その意外すぎる経歴とは・・・


この金メダルで一躍脚光を浴びることになった村上茉愛選手。


一目見た時から可愛らしい顔をしているな~と思いきや、

実は村上茉愛選手は元子役で、元タレントという

異色な経歴の持ち主でした。


小学生の頃には『ウメ子』(TBS)というテレビドラマにも

出演したことがあるらしい・・・。



体操を始めたのは3歳の頃で、「母親に勧められた」のがきっかけだそう。


体操を始めるやいなや、センス抜群ですぐに頭角をあらわしたという。



村上茉愛のニックネームが意外だと話題に!


冒頭にも書いた通り、村上茉愛選手には番長というニックネームがある(あった?)そうです。


これは、村上茉愛選手が中学2年生だった頃、

クラスメートの多くから「番長」と呼ばれていたからなんだそうです。


クラスメートに言わせれば、

「村上茉愛選手はリーダー格で番長的存在だったから」

というのが『番長』の理由らしい。


ちなみに、当時の村上茉愛選手の身長は132cmと学年で一番小柄だったそうです。


可愛らしい顔で、しかも小柄な村上茉愛選手が『番長』と呼ばれていたのは、

本当に意外ですね。


このことから、当時性格は相当活発だったということが、

何となく想像できますね(^^)



尚、これらエピソードの詳細はこちらの動画でも紹介されています。 ↓ ↓ ↓


村上茉愛の番長時代




随分と可愛いらしい番長ですね(笑)